『江戸小紋』丸に桐

価格: ¥352,000 (税込)
お仕立て方法:
八掛 無地:
紋:
数量:
在庫: 1反

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ:12m 巾:38cm 素材:絹100% 変わり無地縮緬 日本製

完売しております商品、別染めのご注文を承っております。
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お仕立てをご希望のお客さまへ

お仕立てをご希望されるお客様は、上記のお仕立て方法の中からお好きな組み合わせをお選びください。
カートボタンを押し、決済画面に進みますと最終的なご購入金額が表示されます

※なお、お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


※上記の選択がご面倒な方は

お支払いお手続きの際に、 そのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
その際に、「仕立て希望」と記載いただければ後程、弊店より連絡させていただき、お仕立ての詳細をお伝えしたいと思います。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額をご案内させていただきます。

輪は絶え間ない様子を想起させ、輪が連なるこの柄には、円満や平和がいつまでも続くようにとの願いが込められています。
小さな輪の中に描かれているのは桐なので他の植物が描かれたものよりも格が高い江戸小紋。
モチーフが丸なので、「行儀」や「通し」などの小紋に比べて、愛らしく優しい印象です。また、個性的で美しい鶸(ひわ)色は、帯合わせ次第でスリーシーズンどの季節にもよく映えます。

生地について

生地について

羽二重系の一越縮緬です。通常の縮緬の白生地は織り上げた後に練り(精錬)をするものですが、こちらは糸の段階で練りをかけた【先練り】という製法を用い織り上げた、竺仙別織の生地です。
江戸小紋のような極小紋を染めることに適した、シボ立の少ない風合いで、打ち込みの良い丹後で織られた縮緬です。

染めについて

伊勢の白子で彫られた伊勢型紙を使用し、古来より変わらない希少な手付による糊置きにこだわり柄付けをしています。 その後【しごき染め】という江戸小紋特有の染色技法によって一反一反制作しています。
※しごき染めとは・・・型置きをした生地の上に、糊の中に染料を混ぜた色糊をしごいて付けていく技法です。

> 手付けとは

染め風景

コーディネート例

格が高めの江戸小紋に合わせたのは伝統的な柄の染名古屋帯。襲名披露や新春の観劇を意識して、赤のラインの入った白の帯〆を合わせて、古典的にコーディネートしてみました。

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ