• ランキング1

『コーマ地染』菊の丸 納戸色

価格: ¥44,000 (税込)
お仕立て方法:
水通し:
居敷当:
数量:
在庫: 1反

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ:12m 巾:38cm 素材:綿100% 日本製

お仕立てをご希望のお客さまへ

※お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


『綿絽白地』紫陽花 ブルーぼかし・レモン

反物で見ると柄の大きさに驚きそうなくらい大胆な意匠ですが、お召しになるととても華やかです。とても繊細に描き込まれたところ。真ん丸ではなく、菊の花がはみ出しているところなど、魅力満載です。愛らしさもありつつ、とてもモードな雰囲気も併せ持つ不思議な柄です。甘めにも、クールにも振れて面白いと思います。
生産性の少ない希少な納戸色のコーマ地の浴衣姿をお見かけする事が少なくなっていますが、日本人の肌色に映えるお色と信じて作り続けております。

コーディネート例

納戸色の浴衣は帯合わせが難しいと思われがちですが、案外、どんな色でも合わせやすいものでチャレンジしてみましょう。ビビッドなオレンジは、場の雰囲気を明るくする華やかさ。少しトーンの違うブルー系ならしっとりとしたしとやかさ。

生地について

生地について

コーマ糸を浴衣生地に使用したのは竺仙がはじまりです。
涼しさと共にファッション性を求め、コーマ生地を使用して50年が過ぎました。
それまでは浴衣地として長く使われてきたのは、栃木県真岡地方で作られた[岡生地]でした。
しかしながら、竺仙では、三代目当主が質の向上と粋な染め上がりを求め、研究と改良を重ね現在の「コーマ生地」に到達しました。
一般的に綿糸には毛羽があり、良さであると同時に後染めを施すと柄の絵際がぼんやりしてしまいます。
コーマ糸は余分な綿(わた)を取り除いている為、しなやかで肌ざわりが良く、染め上がりをスッキリと表現することが出来ます。
また、生地自体がしっかりしている為お洗濯をされても型崩れしにくいのが特長です。

染めについて

染めは型に沿って糊を施し染料を注ぎ込む、注染という染色法を採用しております。
独特な技法により、手仕事特有の他には無い染め上がりを醸し出しております。

染め風景

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ