『コーマ白地』菖蒲

価格: ¥41,800 (税込)
お仕立て方法:
水通し:
居敷当:
数量:
在庫: 1反

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ:12m 巾:38cm 素材:綿100% 日本製

お仕立てをご希望のお客さまへ

※お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


コーマ白地

「しょうぶ」の音から古くから武将などに好まれ、様々に図案化されてきた勝負ですが、一方、長唄、舞踊に「菖蒲浴衣」とあるように、女性の浴衣の意匠に使われてきました。古風で凛として淑やかなイメージ。すーっと伸びやかな菖蒲の花そのものがが活きるのは、和装ならではです。白紺でシンプルに染められたこの浴衣は、無地場が多い印象ですが、仕立てるととても魅力的。ちょっと大人の浴衣スタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

コーディネート例

コーマ白地
コーマ白地

コーマ白地にお太鼓スタイルもよいものですが、今回は、いずれも半巾帯。一本あると大活躍のキュートで華のある黄色と、ちょっと大人の雰囲気のパープルを合わせました。

コーマ白地

生地について

コーマ糸を浴衣生地に使用したのは竺仙がはじまりです。
涼しさと共にファッション性を求め、コーマ生地を使用して50年が過ぎました。
それまでは浴衣地として長く使われてきたのは、栃木県真岡地方で作られた[岡生地]でした。
しかしながら、竺仙では、三代目当主が質の向上と粋な染め上がりを求め、研究と改良を重ね現在の「コーマ生地」に到達しました。
一般的に綿糸には毛羽があり、良さであると同時に後染めを施すと柄の絵際がぼんやりしてしまいます。
コーマ糸は余分な綿(わた)を取り除いている為、しなやかで肌ざわりが良く、染め上がりをスッキリと表現することが出来ます。
また、生地自体がしっかりしている為お洗濯をされても型崩れしにくいのが特長です。

染めについて

染めは型に沿って糊を施し染料を注ぎ込む、注染という染色法を採用しております。
独特な技法により、手仕事特有の他には無い染め上がりを醸し出しております。

染め風景

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ