TOP

イメージ

江戸小紋の代表的な柄が鮫小紋です。
江戸小紋といえば鮫小紋と言われるくらい
皆様ご存じの柄でございます。
江戸小紋特有の錐の小刀で彫り上げた精緻な文様で、
裃にも使われた格式ある柄です。
色無地の御着物と同格で、
一つ紋をつければ略礼装としてもお使いになれますし、
お茶席にもよろしいかと思います。
カジュアルな帯を合わせれば
おしゃれな街着としてもお召いただけます。
こちらの色合いでしたら黒喪帯をしめて
お通夜や法事にも出席できます。
おおかたの場面に対応できる大変重宝な御着物です。
深みのあるぶどう色は帯(色)合わせもしやすく、
コーディネートを考えるのが楽しくなる
一枚になってくれると思います。

生地テキスト

【そよぎ】という名称の羽二重系の一越縮緬です。
通常の縮緬の白生地は織り上げた後に練り(精錬)をするものですが、こちらは糸の段階で練りをかけた【先練り】という製法を用い織り上げた、竺仙別織の生地です。
江戸小紋のような極小紋を染めることに適した、シボ立の少ない風合いで、打ち込みの良い丹後で織られた縮緬です。
※先練りとは・・・セリシンという生糸の段階で付着しているタンパク質を半分程度落とし、打ち込みを良くする為の工程です。

染めテキスト 染めテキスト

伊勢の白子で彫られた伊勢型紙を用い、古来より変わらず伝承された技法で防染糊を置き柄付けをしております。
その後、【しごき染め】という江戸小紋特有の染めを施しておりますが、その中でも特に希少な染色法として手付けにこだわりをもって制作しております。
※しごき染めとは・・・型置きをした生地の上に、糊の中に染料を混ぜた色糊をしごいて付けていく技法です。
※手付けとは・・・HP竺仙着物とはに飛ばしてください。

デザインテキスト

江戸小紋といえば鮫小紋と言われるくらい皆様ご存じの柄でございます。
江戸小紋特有の錐の小刀で彫り上げた精緻な文様で、裃にも使われた格式ある柄です。

コーディネート 帯

【コーディネートに関して】
こちらの御着物は織帯、染め帯等どんな色柄のものも合わせやすい万能なお色目です。
今回は、カジュアルに白に近いクリーム地の越後型帯で軽快さを演出してみました。
イメージは秋。この御着物でお友達と美術館巡りや食べ歩きなどいかがでしょうか?
※こちらの商品は反物のみで、帯は別売りです。

  

ご注文を頂きご入金確認後、色目等の現物確認をご希望のお客様には商品を送らせていただきます。
但しその時点でのご注文のキャンセルの場合は返送時の送料はお客様のご負担とさせていただきます。
その際万が一、商品にキズ・汚れ等発生した場合もお客様のご負担とさせていただきます。

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

『江戸小紋』並鮫小紋 濃紫(こきむらさき)

価格: ¥280,800 (税込)
お仕立て方法:
八掛 無地:
紋:
数量:
在庫: 1反

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ・・・12m 巾・・・38㎝ 素材・・・絹100% 日本製

【お仕立てをご希望のお客さまへ】

お仕立てをご希望されるお客様は、上記のお仕立て方法の中からお好きな組み合わせをお選びください。
カートボタンを押し、決済画面に進みますと最終的なご購入金額が表示されます。

※なお、お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
 代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


<※上記の選択がご面倒な方は>

お支払いお手続きの際に、 そのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
その際に、「仕立て希望」と記載いただければ後程、弊店より連絡させていただき、お仕立ての詳細をお伝えしたいと思います。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額をご案内させていただきます。

※一部、商品ページが古いものはプルダウンでの「仕立て」「加工」等の選択が出来ない商品もあります。
 その場合は反物だけご購入いただき、ご注文時に『仕立て希望』等、ご要望をフォームにご記入ください。
 こちらから、確認のご連絡をさせていただきます。
 順次商品ページを更新していきますので、ご不便をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

関連商品

カテゴリから選ぶ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ