『縮長板』楓散し

価格: ¥84,700 (税込)
お仕立て方法:
水通し:
居敷当:
数量:
在庫: 1反

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ:12m 巾:38cm 素材:綿100% 日本製

お仕立てをご希望のお客さまへ

※お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


縮長板「楓散し」

ベンガラで染めた長板中形は、この顔料特有の赤とも茶ともつかない深みのある色合いが魅力。
白く染め抜かれた細かい楓は控えめに見えますが、地色と相まって紅葉の頃を思い起こさせ、涼を運びます。
また、生地は上質の縮を使用。 着るほどに軟らかくフワフワに。 長くお召しになって、是非、その感触を体験してください。

コーディネート例

縮長板「楓散し」
縮長板「楓散し」

生成の麻帯などを合わせるとすっきり涼しげにまとまります。さし色は三分紐や帯留で遊んでみるとよいでしょう。また、ピンクの帯もベンガラが主張するので甘くなりすぎません。

生地について

生地について

こちらの商品に使われております、オリジナルの「縮」という綿の生地は経糸40番手、緯糸30番手の糸を使用、緯糸に強い撚りをかけて、その糸の復元力を利用して縮のしぼを出させます。両しぼといって、左撚りの糸、右撚りの糸を交互に打ち込みます。
糸の撚りの強弱で生地の風合いが決まり、竺仙では強撚糸にして涼感を強調していますので、生地の伸縮が他の縮生地より大きくなります。洗濯後、干すときに寸法を整えて乾燥させてください。

染めについて

『長板本染中形』は、7メートル弱の樅の一枚板を用い布地の表裏両面に寸分違わずに型付け(防染糊を置くこと)をし、本藍で浸染するという、江戸時代より行われている技法です。
中形は大紋、中形、小紋と分れる模様の大きさからの名称で、ゆかたに染められることからゆかたの代名詞になっております。
本藍染めですので、色落ちいたします。白い帯等のご使用にはご注意ください。

染め風景

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ