• ランキング2

『綿絽地染』福良雀 納戸

価格: ¥58,300 (税込)
お仕立て方法:
水通し:
居敷当:
数量:
在庫: 完売御礼

返品についての詳細はこちら

twitter

長さ:12m 巾:38cm 素材:綿100% 日本製

お仕立てをご希望のお客さまへ

※お仕立て開始後の返品・交換はできませんので、ご了承ください。
代引きもご遠慮頂いております。(生地に鋏を入れる為)


『綿絽地染』福良雀 納戸

真夏に着たい透け感のある浴衣の代表格といえば、綿絽。肌着に裾除け、浴衣スリップなどの上に纏うとサラッとした肌触りでとても心地よいものです。竺仙の乱絽は、不規則な絽目が生み出す独特のモアレのような風合いが見る人の目にも涼をもたらします。こちらの意匠は、時代を越えて多くの方々に愛されてきた豊さの象徴、福良雀。丸々として愛嬌があるのが竺仙の雀です。紺とはまた違った涼しげな印象の納戸色の綿絽浴衣で夏のお出掛けを心地良く過ごしましょう。

コーディネート例

『綿絽地染』福良雀 納戸
『綿絽地染』福良雀 納戸

若苗色の道屯花織の半巾帯は、清々しい雰囲気で夏の風に吹かれる水田で遊ぶ雀のイメージ。朱赤の琉球絣の半巾帯のコーディネートは、秋の実り前の晩夏の田で群れ飛ぶ雀をイメージ。

生地について

生地について

竺仙の綿絽生地は【平絽】ではなく、絽目を不規則にならべ【乱絽】にしたオリジナル生地です。
それによりモワレのような独特の風合いが生まれ、実際にお召しいただくと、爽やかで涼しげな印象を与えます。この綿絽の生地は戦後、正絹の七五三絽を模して、木綿で織り上げました。ところが短繊維の木綿では七五三をきれいに織れず、多少不揃いが生じましたが、それが返って自然な涼しさを醸し出し、それ以来この生地を使用しております。
今や木綿の反物で見かけない細い糸で織られていますので触感が違うと思います。お召しになってお感じください。

染めについて

染めは型に沿って糊を施し染料を注ぎ込む、注染という染色法を採用しております。
独特な技法により、手仕事特有の他には無い染め上がりを醸し出しております。

染め風景

※閲覧環境により画像とは若干色味が異なる可能性がございますので、その点はご了承ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ